うつ病の治療について

うつ病の治療とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病の治療は基本的に、抗うつ薬の服用、休養によって行われます。ネガティブな考え方のクセがある場合、ポジティブな思考回路を作れるように精神療法を行うこともあります。詳しく説明をしましょう。

抗うつ薬の服用による治療


抗うつ薬にはいくつかタイプがあります。三環系、非三環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などです。

最近使用される頻度が高いのはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)で、その名の通り、セロトニンの再吸収を防いで脳内のセロトニン濃度を高くするための薬です。セロトニン受容体だけに作用するため、それなりの効果が得られる割に副作用が少ないとされています。

一般的に抗うつ薬は飲み始めてから効くまでに2週間ほどかかります。種類によっては最初から治療用量飲めるわけではなく、少な目から始めて徐々に量を増やしていき、効果を観察します。この時、体が薬に慣れるまでは吐き気や胸やけなどの副作用がでるのが一般的です。

スポンサーリンク


抗うつ薬の効果が表れ、うつ状態が改善されてからも、再発を防ぐために半年ほど服薬を続けます。その後、様子を見ながら徐々に減薬し、断薬します。薬の服用、減薬、断薬はお医者さんの指示のもとに行いましょう。

休養による治療


うつ病の治療に休養は欠かせません。うつ病の原因は人それぞれですが、ほとんどはストレスを抱え過ぎてしまったこと、脳を使いすぎてしまったことなどによる疲労です。特にうつ病初期の急性期には休養が大切になってきます。

家族や身の回りの人の理解を得、家事や仕事はしばらく休み、十分な休養を取るようにしましょう。ストレスの原因となっていることがあるなら、できるだけ取り除きましょう。また、あせらないこと、無理しないことをモットーに、ここはゆっくりと休みましょう。

精神療法による治療


精神療法では、医師に自分の辛さを理解してもらい、共感してもらうことにより安心感が得られます。また、うつ病について医師から説明してもらうことでうつ病についての理解が深まり、治療意欲がわいてきます。

精神療法のひとつである認知療法では、うつ病になりやすいものの見方や考え方を客観的に分析し、修正していくよう働きかけます。こうした治療により、うつ病の根本的な原因も取り除けるので、再発を防ぐ効果も期待できます。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加