うつ病とペットについて

うつ病の人にペットはおすすめ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
動物には癒し効果があり、これは一般にアニマルセラピーと呼ばれています。うつ病の人にペットがおすすめなのかどうか、これは専門家や人によって意見が分かれており、一概には言えないようです。ここではうつ病の人がペットを飼うことのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

うつ病の人がペットを飼うことのメリット


犬や猫などの動物は、温かく毛並みがフワフワとしており、しぐさがかわいいので飼い主の気分を和ませてくれます。実際、ペットと触れ合うことによってセロトニンが分泌され、精神安定に寄与することが分かっています。犬や猫などのペットは、人との触れ合いほどに気を遣わなくて済むので気楽に触れ合えるというメリットがあります。

スポンサーリンク


さらに、ペットはエサをあげたり散歩などの世話が必要ですから、世話をすることで気が紛れる、生活に張り合いが出る、といったメリットもあります。

うつ病の人がペットを飼うことのデメリット


ペットを飼うのは思ったよりも大変なことです。重度のうつ病の場合、何もかもがおっくうになり、うるさく感じます。動きたくないのではなく、動けないのです。そんな時に、世話をしなければならないペットがいたのでは、さらにストレスが溜まってしまう可能性があります。うつ病の治療中はともかく安静にし、脳を休ませてあげなければなりません。ペットは何かと飼い主にかまって欲しがりますから、休養の妨げになる可能性は大いにあります。

うつ病の人が上手にアニマルセラピーを活用する方法


しかし家族がいて、ペットの世話をしてもらえる場合は問題ないでしょう。うつ病の予防・治療に動物と触れ合うのは良いことです。気分が良くなってきたら動物園に出かけてみたり、ペットレンタルを活用するのもいいでしょう。ウサギと触れ合えるウサギ喫茶などもあります。友人のペットを数日間預かる、夕方の散歩を申し出る、というのもいいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加