うつ病と吐き気の関係について

うつ病になると吐き気を催すのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ状態ではセロトニンが減少しています。このセロトニンは胃や腸のぜん動運動を助けている物質です。セロトニンが減少することで胃腸が正常に動かなくなり、吐き気を催すのです。

セロトニンと胃の関係


セロトニンは脳だけにある、と思われがちですが、体内のセロトニンのうち脳にあるのはたったの2%。そのほかは8%が血中、90%はなんと消化器官粘膜に存在しているのです。セロトニンは胃や腸の粘膜内で働き、食べたものを胃から腸へ、小腸から大腸へと送るのを助けています。

うつ状態では消化がうまくいかない


うつ状態ではセロトニンが不足傾向にあります。セロトニンが足りなければ、胃の中の物は順調に腸へと送り出されず、長時間とどまることになります。こうして吐き気が生じるのです。うつ病では吐き気だけでなく、便秘や下痢といった消化器官の異常が起こりやすくなるのはこのためです。

薬の副作用でも吐き気が起こる


抗うつ薬の副作用にも吐き気があります。これは飲み始めの2週間が最も辛く、体が徐々に慣れるにつれて吐き気は感じなくなっていきます。抗うつ剤で吐き気を催すのは、やはりセロトニンと関係があります。

抗うつ剤の多くは脳内のセロトニン濃度を高めることが目的のため、セロトニン受容体を刺激してセロトニンの再吸収を妨ぎます。胃の粘膜にもたくさんのセロトニン受容体があるのですが、これらの働きが妨げられるために胃がムカムカしたり吐き気を催したりするのです。

うつ病による吐き気の対処法


まずはうつ病の治療に専念します。うつ状態が改善されるにつれ、吐き気も治まってきます。薬による吐き気なら、体が慣れるまでの1〜2週間は我慢しましょう。

吐き気があまりにもひどい場合、主治医に相談して吐き気止めを処方してもらうとよいでしょう。うつ状態にあるときは、消化器官が上手に働きません。お粥や豆腐など、消化に良いものを選んで食べるようにしましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加