うつ病との付き合い方について

うつ病との付き合い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病は治療によって治ると言われているものの、再発してしまうケースもあり、本人も身の回りの人も共に、うつ病との上手な付き合い方を知っておく必要があります。

うつ病になったら、まず休養を優先すること、無理しないこと、医師の指導の下に服薬を忘れないことが大切です。また、自分を辛くしてしまう思考回路に気づいたなら修正していきましょう。

ここではうつ病を患う本人がうつ病とうまく付き合う方法、家族や身の回りの人はどうしたらよいか、という2点をとりあげます。

うつ病と診断されたらどうしたらよいか


まず、どんなに症状が重くても、うつ病は治る、ということを理解しておきましょう。また、知っておきたいこととして、うつ病は考え方や努力で治るものではありません。

治すには治療が必要です。うつ病は、薬物療法によって脳内の神経伝達物質の働きを促し、治療できます。ですから、まずは精神科か心療内科に行き、症状を話して薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク


薬が処方されたら、経過観察をします。処方通りに服用し、通院しましょう。その間、優先したいのは休養です。うつ病になってしまった原因として、ストレスを抱え込んでしまったこと、無理してしまったことが考えられます。

その原因となっているものから離れることが必要なのです。仕事や家事はしばらく休み、誰かに手伝ってもらいましょう。ゆっくりと休み、時間が経過すれば症状は徐々に軽くなってきます。

うつ病の症状が出ている間は判断力が鈍くなっています。うつ病の急性期には重大な決定は控えるのが賢明です。

家族や身の回りの人はどうしたらよいか


身近な人がうつ病になったなら、以前の元気なその人を知っているゆえに叱咤激励したくなることがあります。しかし、うつ病に叱咤激励は逆効果です。

言ってはいけないこととして「がんばれ」「しっかりしなさい」などがあります。こうした激励以外にも、「だらしない」などのネガティブな発言も厳禁です。うつ病の時にはただでさえ自分自身に対してガッカリし、落ち込んでいるのです。

身近な人がうつ病になったなら、その現実を受け止め、ムリさせないこと、休養させることを優先的に考えましょう。かけるといい言葉には「焦らないで」「ムリしないで」「今はともかく休もう」などがあります。

うつ病の時には自分や将来に対して悲観的になっているので、希望が持て、安心させる言葉かけも大切です。「必ず治るから」「動けるようになるために今は休もう」などです。

「これまで家族のために頑張ったんだから、たまには自分のためにゆっくりしなよ」なんていうのも、本人の努力を褒めつつ慰めるひとことなのでいいですね。その他、あなたが同居人なら、薬をきちんと飲んでいるかもさりげなくチェックしてあげましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加