うつ病で心の底から笑えなくなる理由について

うつ病になると心の底から笑えないのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

嬉しいとき、楽しいとき、おもしろいと思ったときに人は心の底から笑うことができます。うつ病の場合、心がストレスで押しつぶされそうな状態になっているため、笑う気分にはどうしてもなれないのです。

笑いが体に与える影響


笑うと、自律神経は副交感神経に切り替わります。それで笑うと気分がスッキリし、リラックスするのです。また、笑うと体内でナチュラルキラー細胞が活発になります。ナチュラルキラー細胞とは、がん細胞やウイルス、細菌をやっつけてくれる細胞です。つまり、笑うことは健康にいいということです。

心からの笑いがベスト


しかし、こうした効果を得るためには心から笑わなければなりません。お腹の底から笑って初めてこうした効果を得ることができるのです。

一方で、接客業や上司とのやり取りの際、一生懸命に微笑んでもこうした効果は得られません。ムリな笑いは逆にストレスとなり、疲れてしまいます。

大笑いできたらうつ病が良くなっている証拠


うつ病だと、心が重たく感じ、笑うことができません。何か大変辛いことがあった後にお笑い番組を見ても笑う気になれないのと同じです。それどころではないのです。そんなときにはムリに笑おうとせず、心を慰めてくれる音楽を聞いたり、癒し系の動物の動画を見たりしましょう。

少し調子が良くなってくると、本当に面白いものを見たり聞いたりしたときにゲラゲラ笑えるようになってきます。そうしたら、今日は調子がいいな、良くなってきたな、と考え、喜びましょう。またうつの波が来たとしても、こうして徐々に良くなっていきます。

微笑むことの利点


ひとりでいるとき、鏡を見ながら微笑んでみましょう。口角を上げるだけで、脳は「笑っている」と勘違いし、ドーパミン神経が刺激されるそうです。

すると、幸せな、楽しい気分になってくるのです。もちろん、お腹の底から笑えたらそれが一番いいですが、微笑みだけでもかなりの効果があるようです。気が向いたときに試してみましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加